大阪で会社設立に必要となる書類は? - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 大阪で会社設立に必要となる書類は?

大阪で会社設立に必要となる書類は?

大阪で会社設立を考えている人は、必要なことを調べたり学んだりしているので、定款が必要なことや重要書類なので実印と印鑑証明書が必要なことを知っている方も少なくないです。
ただ漠然とした大阪で会社設立のイメージはあっても、詳細な部分に関しては知らないという方も多いものです。
また、そうした細かな部分に関してはやはり専門的な知識が必要になってくるので、専門家の代行やサポートを考えることも必要です。
必要書類が欠けていると登記ができませんし、認証を受けるために4万円の収入印紙を貼った書類を作成し直さなければならないこともあります。
そのようなことを回避するためにも、大阪で会社設立をするために必要な書類をしっかりと知っておく必要があります。

公証人の定款認証を受けるために公証役場に提出する書類は、発起人全員の印鑑証明書・定款・代理人に任せる場合に必要となる委任状があります。
定款認証は、会社設立には必ず必要となる手続きのひとつですから、不備がないように注意することです。
登記申請のために法務局に提出する書類は、株式会社設立登記申請書・収入印紙添付台帳・定款・払込証明書・取締役全員分の印鑑証明書と就任承諾書・OCR用紙・印鑑届出書があります。
定款に本店所在地を記載していない場合には本店所在地決議書も必要になりますが、会社の形態で必要書類が違ってくることも知っておく必要があります。
また登記申請日が会社設立日になるので、設立日にこだわりがある場合にはミスが許されないので、書類の準備は入念にしておくことが大事です。

一部ですが状況に応じて必要となる書類もあって、現物出資をする場合には取締役及び監査役の調査報告書が必要になります。
500万円以上の価値のある物を現物出資した場合には、不動産鑑定士などの証明書が必要となります。
また有価証券を現物出資した場合には、有価証券の市場価格を証する書面が必要です。
これらが会社設立に必要な書類ですが、先に触れたように会社の形態で必要書類が異なりますし、不足や不備のあると登記申請ができないので、専門家に代行してもらうとそれが回避できます。