大阪で会社設立を専門家に依頼するメリットは? - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 専門家に依頼するメリットは?

大阪で会社設立を専門家に依頼するメリットは?

大阪で会社設立を考える場合、必要書類の作成や各種申請などを全て自分で行うことは可能です。
しかし、大阪で会社設立の際に専門家に代行依頼することも方法のひとつとしてあり、会社設立の代行をする専門家としては、司法書士・行政書士・税理士などが考えられます。
ただ、それぞれで利用するメリットとデメリットがあるので、取り扱う業務内容や特徴、利用目的などを考え依頼先を選ぶ必要があります。

行政書士は、会社設立までの相談から手続きまでワンストップで実施している事務所が多いですし、設立後の各種許認可申請も得意分野と言えます。
ただ、商業登記に関しては実施できないので、通常は司法書士と提携してカバーしています。
司法書士は登記の専門家で、会社設立に必要となる商業登記が実施できます。
また会社設立後の所在地の変更や名称の変更などの変更登記も司法書士の業務となります。
税理士は会計・税務の専門家なので、会社設立時や設立後の財務や税務についてのサポートをしてくれます。
また、行政書士と兼業や提携して会社設立手続きに関してもサポートしてくれる事務所が多くあります。

大阪で会社設立する時に専門家へ代行を依頼するメリットには、どのような点が考えられるのでしょうか?
自分の力だけで会社設立するのと比較して、楽をして・素早く・正確に会社設立ができることがメリットとしてあります。
特に、様々な書類作成や法務局への申請手続き・書類の提出などを専門家がしてくれることで、依頼する側としては自由な時間を生み出すことができるのです。
つまり、会社設立を依頼することで徹底的にサポートしてもらえて、事業準備に多くの時間をかけることができて、スタートダッシュがかけられるようになるのです。

もうひとつメリットと言えることは人脈が増えることです。
各専門家も様々な人脈を築いているので、専門家に依頼することで違った専門家と知り合える機会が得られるため、時には有能なコンサルタントも受けられるのです。
このことは会社設立だけでなく会社運営を考えた長い目で見る時には大きなメリットになることで、会社設立を専門家に依頼する一番の魅力と言えます。