大阪で株式会社の会社設立を考えているのなら - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 大阪で株式会社の会社設立

大阪で株式会社の会社設立を考えているのなら

新会社法の施行により資本金1円・取締役1名・監査役なしで株式会社の設立が可能になったので、大阪で株式会社で会社設立を考える方もいるでしょう。
そのように大阪で会社設立を考えているのなら、株式会社を設立するメリット・デメリットを理解しておくことも大切です。

メリットと考えられることは対外的信用がつくことで、個人事業者としての取引や従業員採用と大きく変わることです。
必要経費の範囲が広がるので節税効果があることや、役員も厚生年金・健康保険に会社が加入することで加入が可能になることもメリットとしてあります。
一方デメリットとして考えられることは設立費用がかかること、決算書類の作成・法人税申告・会計処理などに手間がかかることです。
また、赤字期でも市町村税・都道府県税の均等割を納める必要があることもデメリットのひとつになります。

ただ大阪での株式会社設立の手続きなどを専門家に代行依頼をすると、デメリットと考えられる設立費用や手間の問題を解消することができます。
一般的に司法書士・行政書士・税理士など代行業務をしているところでは、幅広く会社設立についてサポートするため他士業との連携によりワンストップでサービス提供がされています。
また、設立後のアフターサポートを実施しているところもあって、無駄な時間や費用を大幅に削減することが可能で専門家に代行依頼するとデメリットも少なくすることができます。

それから大阪で株式会社の設立をするのなら、発起設立と募集設立の2通りの方法があって、設立方法で作成する書類や提出する書類などが違うことを知っておくと良いです。
発起人だけで会社設立時に発行する株式の全てを引受け会社設立するのが発起設立で、中小企業ではこの方法で設立することが多いです。
発起人が会社設立時に発行する株式の一部を引受けて、それ以外を引受人を広く募集して設立方法が募集設立で、発起人設立よりも手続きが複雑で厳格になります。
いずれにしても設立してしまえば同じ株式会社なので、手続が簡単な発起設立での会社設立がおすすめです。