大阪で合同会社という形態により会社設立をするのなら - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 合同会社という形態により会社設立

大阪で合同会社という形態により会社設立をするのなら

大阪で会社設立を考えている方もいるでしょうが、独立・開業の形態には株式会社や個人事業主だけでなく、合同会社という形態もあって近年増加傾向にあるのです。
合同会社で会社設立をするメリットとしては設立費用が安いというのかあって、具体的には株式会社なら20万円かかるのに対し合同会社なら6万円なので約14万円安く設立できます。
また、手続きが簡単なので早く会社設立することが可能と言えます。
それから株式会社では毎年決算公告の義務があるのですが、合同会社には決算公告義務がないですし、それにより年間約6万円の節約になります。
役員の任期がない・剰余金の分配制限がない・税制は株式会社と同じといったこともメリットとして考えることです。

一方大阪で会社設立を合同会社で行うデメリットとして考えられることは、株式会社と比較して知名度が低いことです。
その為に、求人をする際に人材が集まりにくい可能性がありますし、取引先によっては取引しないという可能性があります。
また些細なことですが、代表取締役と名乗ることができないのです。
その他のデメリットとしては、社員が出資者と役員を兼ねているので、問題解決が困難で社員同士の対立の危険性があるということです。
また、上場はできないことや資金調達の手段が少ないということも、場合によってはデメリットになることも考えられます。
大阪で合同会社での会社設立を考えているのなら、こうしたメリットとデメリットがあることをしっかり理解しておくことが大事です。

ちなみに合同会社が多い業種としては、介護事業・建設業・飲食事業・エステ事業・不動産賃貸業・IT・コンサルティング業・FX投資業などがあります。
また合同会社がおすすめと考えられるのは、BtoCのビジネスで株式会社か合同会社かに関しては大きく関係しない場合です。
それから法人設立による節税のメリットを享受できるだけの売上が見込める、何らかの理由で法人格が必要、株主総会や決算公告など煩わしい作業をしたくない場合などです。