会社設立の印鑑の種類 - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 会社設立の印鑑の種類

会社設立の印鑑の種類

image

会社設立には法人用の印鑑が必要です。
これは作るその会社が派遣会社だったときでも変わりません。
その印鑑はショップで購入できるのですが、このときにはいくつかの種類が見つかるのが普通です。
この中でどれを買えばいいのか、各印鑑の種類についてご紹介しましょう。

大事な種類となるのは代表者印です。
実印と呼ばれることもあります。
これはその会社でもっとも大事な印鑑となるもので、その印鑑名のとおり代表者が管理・使用するのが基本です。

この印鑑を使用するのは会社として重要な決定をするときや、大事な契約書等を作成するときなどになります。
日常的に使う認印として使ってもOKですが、重要な印鑑となるためそのような日常的な使用はしないことの方が多いですね。

この代表者印は会社設立のために必要な印鑑の種類となります。
手続きをするときは法務局で登記の手続きがあるのですが、このときに用意した代表者印の捺印が必要になります。
ですから会社設立のためには代表者印を必ず用意しないといけません。
これから派遣会社を作りたい方も、今後その会社の実印となるこの印鑑を忘れずに用意しておくといいでしょう。

このほかにある会社設立関係の印鑑の種類とはまず銀行印があります。
これは文字通り銀行での口座開設時に使う印鑑となります。
個人の銀行口座を開設するときも印鑑が必要になりますよね。
法人でも同じです。
法人用口座を開設するときには印鑑が必要になるのですが、そのとき用の印鑑となるのがこの銀行印です。

ちなみに法人でも銀行口座はほぼ必ず必要になるもので、これなしでビジネスを行うのは非常に難しくなります。
派遣会社は特に人と企業をつなぐビジネスとなり、信用は特に大事ですから、法人用口座があるかどうかは重要となるでしょう。
起業後になるべくスムーズに法人用口座を開設できるよう、この銀行印も用意しておくのもおすすめです。

このほかに角印という印鑑もあります。
これは何かというと法人用の認印です。
角印という名前の通り、印面が四角いのが特徴です。
その形からいかにも法人用という風格もある印鑑ですが、あくまで認印となるため重要度の低い案件に使う印鑑となります。

これは代表者印・銀行印に比べると必須とまでは言えませんが、認印がないと日常の業務が難しくなりますから用意する場合が多いです。
会社設立時に購入する機会の多い印鑑とはこのようなものです。
派遣会社を作るときにもこれら種類の印鑑を用意できていた方がいいですから、必要に応じて用意してください。