会社設立は即日も可能なの? - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 会社設立は即日も可能なの?

会社設立は即日も可能なの?

image

今回は、会社設立の手続きと、それに掛かる費用について詳しく解説したいと思います。
会社設立はそもそも、即日でできるのでしょうか?
登記に関する良くある疑問点をここで解消していきます。

会社の登記は、そもそもどのように手続きをすればいいのでしょうか?
まず利用する公共施設は、公証人役場というところと、法務局というところの二つです。
公証人役場では、定款を認証してもらう手続きを行います。

この定款は、会社のルールを定めたもので、株式会社を設立するときには必ず必要になります。
定款は自分で作ることもできますが、代わりに作成してくれる法務専門の業者もいますので、時間がない時にはそちらに依頼するといいでしょう。
定款ができたら、公証人役場で手数料5万円と印紙代4万円を支払って認証を行ってもらいます。
この時に定款謄本をもらっておく必要がありますので注意しましょう。

この後に資本金を銀行に入金することになるのですが、資本金を入金したという証に資本金払込証明書というものを銀行から発行してもらいます。
こちらは、銀行の担当のスタッフに伝えればすぐに発行してもらえますので、頼んでみてください。
ちなみにこの時の銀行口座は、法人口座ではなく個人口座で大丈夫です。

次は、印鑑届出書を法務局で作ることになります。
印鑑届出書の書類は、法務局やホームページでダウンロードはできますので、そちらで入手して会社の印鑑を登録することになります。

法務局に提出する書類は、この印鑑届出書と登記申請書、定款謄本、印鑑登録証明書、発起人決定書、資本金払込証明書などの書類です。
どれか一つでも書けてしまうと、登記が認められませんので注意が必要です。

こういった手続きは慣れていないと、なかなかスムーズにはいかないものです。
最初は、会社設立の無料相談窓口などを上手に活用して、必要書類に関してのアドバイスを聞いておくと失敗が少ないです。

特に株式会社を設立する人は、合同会社よりも少し手間がかかり、費用もかかりますので注意が必要です。
ちなみに登記をする時には、登録免許税が15万円近くかかりますので、必ずお金の準備をしておくことが肝心です。
用意できない場合は当然、登記が行われませんので注意が必要です。

手持ちの現金を全て会社の資本金にまとめてしまうと、こういった必要な費用が生じた時に出金できずに後々困ったことになりますので、ある程度余裕資金を手元に残しておくようにしましょう。
ちなみに、最初の疑問にあった、会社設立を即日できるのかどうかについては、登記書類が揃って承認されれば、その日に登記されることになりますので、結論を言うと「可能」ということになります。
ただし法務局は土日祝日は開いていませんので、スムーズに登記を済ませるため平日に訪れるようにしましょう。