会社設立時の保証人の選び方 - 大阪で会社設立するには?

大阪で会社設立するには? > 会社設立時の保証人の選び方

会社設立時の保証人の選び方

image

会社設立時には、保証人というのが必要となります。
会社を設立するということは、その会社設立の保証を担う人が必要となるということです。
多くの場合は会社設立のアイディアを出した人や企画した人など、発起人と呼ばれる方が保証人になるということも多いです。
ただ、保証人に関してはその限りではありませんし、具体的に「誰が保証人になるのか」という点に関しては、決まっているわけでもありません。
もちろん、保証人は保証できる人である必要があるため、会社設立に無関係な方を保証人として立てるということは難しい面もあります。
しかし、原則としては会社設立に関わっている方であれば、保証人にすることができます。
もちろん、保証人になるのは魅力もありますが、リスクもあります。
そこもしっかりと考えておくことが必要となるでしょう。

近年は気軽に会社設立ができるようになったこともあり、保証人などに関しては考えていないことも多々あります。
しかし、この保証人は会社にトラブルや問題が発生した時、その存続を保証ために必要となってくることもあるのです。
そのため、保証人は信用できる人を選んでおくことが必要です。
それこそ資本金を出資した人の中から選ぶと安心かもしれませんし、信頼できるビジネスパートナーを選ぶというのも良いかもしれません。
ただ、この保証人に関しては正解も不正解もないため、しっかりと選んでいくことが必要となります。
ただ、起業しやすくなったことであまり知識がない方も多くなり、起業した本人が保証人になろうとする場合もあります。
起業において個人事業主やフリーランスの場合は保証人を立てる必要もないことが多いですが、会社として設立する場合は異なるかもしれません。
実際に企業としてやっていくためには、保証人も本人以外から選出することが必要です。

その他、わからないことも多いと思いますので、詳しく知りたい場合は専門家に相談するのが良いです。
この手の保証人に関してなどは、やはり専門家に相談した方が解決しやすいです。
困った時に相談できる専門家がいれば心強いので、まずはそちらの選出もしておくと良いでしょう。
近年は行政書士や司法書士も多く、税理士なども沢山いるのが特徴です。
そこは、しっかりと専門家も選んでおくべきだと言えるでしょう。
なお、会社設立をする場合は、保証人の有無についても勉強し、その上で設立するようにしてください。